手書きはカッコイイ?!「ファーバーカステル 芯ホルダー」

20100922_01.jpg最近パソコンばかり使っているので、手書きの機会がめっきり少なくなってしまいました。
それでも手書きをするときに愛用しているのが「ファーバーカステルの芯ホルダー」です。







私は筆圧が高いせいか、0.5mmのシャープペンをボキボキ折ってしまいます。
一時期0.7mmに変えたこともありましたが、どうもしっくりこない。
やっぱり鉛筆の描き味が一番いいなと思うのですが、カッターで削るのには時間を費やすしゴミが出てめんどくさい…。
そんなとき自分が好きなイラストレーターさんのブログを読んで「芯ホルダー」を愛用していることを知り、コレだ!と思いました。

「芯ホルダー」とは

鉛筆の芯を専用のホルダーに入れて使う筆記用具。
シャープペンのように芯を入れ替えることができるので、繰り返し使えて硬さを変えることも可能。

数ある「芯ホルダー」の中からファーバーカステルを選んだのはとにかく見た目。
この落ち着いたグリーンとゴールドの印字が渋くて上品。
向き合って戦う騎士のロゴもかっこいいです。

「ファーバーカステル」とは。

1761年創業のドイツの老舗筆記用具メーカー。
世界で最初の六角形デザインの鉛筆を発表し、これが鉛筆の「長さ・太さ・硬度」の世界的基準となる。
特に1905年に登場した「カステル9000番鉛筆」が有名。
描き味の良さと品質の高さ、緑色と金色のロゴのシンプルで高級感のあるデザインが世界中で愛されている。
騎士のロゴは「今までになかったような高品質を象徴する、そしてすべての競合に対しても決してひるむことがないようなシンボル」として馬上で戦う騎士の絵が鉛筆に刻印されたのが始まり。
(公式HP参照)

20100922_02.jpg
20100922_03.jpg
「芯ホルダー」は六角形で「カステル9000番鉛筆」と見た目がよく似ています。
重量感のある分、個人的には鉛筆より安定して使いやすいです。

20100922_03.jpg
「芯ホルダー」を使う上で必須品!
芯研器もお揃いのファーバーカステルです。

20100922_05.jpg
もちろん、これがないと始まりません。
ホルダー用替芯は鉛筆同様、硬さを選べます。


[DATA]
ファーバーカステル 製図用ホルダー2mm芯用 TK-9400
価格:1,050円(税込)

ファーバーカステル ハンディ芯研器 2mm/3.15mm芯両用タイプ
価格:840円(税込)

ファーバーカステル ホルダー用替芯2mm
価格:735円(税込)

≫ ファーバーカステル日本公式HP

*** written by 木野子 ***



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」