いざという時のための防災グッズ ─ 「防災ラジオ」

20110315_01.jpg大きな災害に見舞われたとき、いち早く情報を知りたいと誰もが思います。今はインターネットもあるので情報の伝達はかなりスピーディーです。しかし、その情報もスピードに反して混乱しがちです。特に被災地に近ければ近いほど、情報以外も混乱します。
日頃の防災対策として、手回し発電の防災ラジオを準備し、より正確な情報元の確保に勤めることが大切ではないでしょうか。


防災ラジオの機能

今手元にある防災ラジオは、数年前2千円程度で手に入れたと記憶しています。
最近の防災ラジオは、1分の手回しで約1時間もの連続使用が可能。ライト機能以外にも、携帯電話の充電までできるものもあるようですが、残念ながらコレはそこまで高性能ではありません。

20110315_02.jpg取扱説明書を紛失してしまっているので詳細が不明な部分もありますが・・・。単三電池2本で動きますが、電池がなくても背部のハンドルを回すことで充電できます。
もちろんAM・FM、TV1〜3chまで受信することができます。ラジオ機能以外にもライトとしても、短時間ですが使用することが出来ます。

20110315_03.jpg大災害への備えはもちろん、毎年くる台風による停電も考えられます。電気が途切れたとしても、手回しによる充電機能が重宝します。個人的に、多少高額でもそれなりの機能を備えたものへ、そろそろ買い換えても良いかなと考えています。


情報元としてのラジオ

被災地以外であれば、TVやインターネットで問題はありませんが、被災地やその周辺ではそうもいきません。ケータイやスマートフォンから情報を受け取れる場合だとしても、全員が使いこなせるとは限りません。

20110315_04.jpgしかし、ラジオは昔から一般的に浸透しているメディアです。声のみですがその分、冷静で聞き取りやすい話し方と、正確で素早い情報提供を可能にしています。
聞いている側の冷静さを保ち、速やかな非難に繋がるのではないでしょうか。

≫ 防災ラジオ(Amazon)



最後に

3月11日の東北・関東地方での大震災でお亡くなりになられた皆様に、心から哀悼の意を表すると共に、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
一日も早く以前の生活に戻れますよう、心からお祈り申し上げます。

*** written by kuno ***



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」