かわいいアクションフィギュア「ねんどろいど」シリーズ(黒猫)後編

20110819_01.jpg前回紹介した「ねんどろいど」フィギュアの後編です。可動式フィギュアの魅力を堪能してください。

前編では「ねんどろいど」の由来を中心に話を進めてましたが、後編は可動式フィギュアとしての「ねんどろいど」魅力に迫りたいと思います。





前編でもご紹介した通り、この「ねんどろいど」シリーズは体のパーツが取り外しでき、パーツによってはかなりの動きを出す事ができます。
こういうのをアクションフィギュアと呼ぶそうですが、自分好みのポーズがつけられるというのはファンにとっては魅力的ですよね。飽きがこないというか。

この「ねんどろいど」シリーズは、2頭身ということもあり体のパーツの可動領域はかなり制限されると思われます。基本的には「首」「腕」「脚」といった部分になります。
そんな制限のある可動性を補ってあまりあるのが、「顔(表情)」パーツです。

顔(表情)パーツは3種類ついており、その表情は実際の作品中でそのキャラが見せる表情(または性格)にあわせて制作されています。
同じポーズをしていても表情によって雰囲気がとても変わるのが、このフィギュアの醍醐味ではないでしょうか?
では実際にその変化を堪能してみましょう。

【ウマウマダンス】ポーズ


20110819_02.jpg
▲ツンデレ?
  20110819_03.jpg
▲楽しそう
     
20110819_04.jpg
▲いじわる
   

【指差し】ポーズ


20110819_05.jpg
▲基本形
  20110819_06.jpg
▲ちょっと怖い?
     
20110819_07.jpg
▲テレた感じがかわいい
   

【女王様】3段階


20110819_08.jpg
▲真正面から「プギャー!」
  20110819_09.jpg
▲体をねじって挑発的に
     
20110819_10.jpg
▲あごを上げて見下されてる感じに
   

【呪いのカード】


20110819_11.jpg
▲本気で呪われそう
  20110819_12.jpg
▲いじわる度全開
     
20110819_13.jpg
▲恥じらいながら…呪うわよ♥
   

【しっぽ】パーツ


20110819_14.jpg▲髪の毛が長いので「しっぽ」パーツが見えにくい。角度を変えるとちらりと見えてチャーミング

とまあ、代表的なポーズを簡単に紹介しましたが、単純にパーツを変えるだけでも楽しめますが、体の角度や見える角度を変えることでさらにキャラクターに深みを持たせることができますね。
この「ねんどろいど」以外にもアクションフィギュアはたくさんありますから、自分好みのものを探してみてはいかがでしょうか。お部屋のインテリアとしてちょっとしたアクセントになりますよ。

≫ ねんどろいど

*** written by フヌール ***



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」