ロートロートロートー♪ロート製薬「メンソレータム」

20111108_01.jpgだんだんと気温が低くなり、乾燥してくる季節になると、気になるのが“唇の荒れ”。自分もこういった季節なってくるとよく唇が荒れて痛くなります。そんな時には昔からこの「メンソレータム」のお世話になっています。
有効成分である、冷感作用のあるメントールや、消炎作用のカンフル、保湿保護作用のワセリンなどの働きにより、唇の荒れや乾燥、潤いや爽快感を与えてくれます。


現在では、高保湿のものやメントールなど香料成分をカットした無香料タイプのものも出ています。また、化粧品でメンソレータムのリップクリームも様々な種類が出されているようです。

20111108_02.jpg最近になって気づいたことなのですが、この「メンソレータム」に名称も見た目もよく似た「メンターム」という商品があるのをが皆さんはご存知でしょうか。人によってはどちらを買っているかなんて、気にもしてないかもしれません。

ウィキペディアなどで少し調べてみるとこの「メンソレータム」と「メンターム」にはこんな経緯が…
- - - - -
「メンソレータム」は元々、アメリカの「メンソレータム社」が開発し、ライセンス契約を結んだ会社が製造・販売していた軟膏の商品名で、当初日本では、現在の「株式会社近江兄弟社」(当時は近江セールズ株式会社)がライセンスを保有し製造・販売していました。しかし、経営破綻により返上。その後「ロート製薬」がこれらのライセンスを取得します。
そして「メンターム」は、近江兄弟社が会社再建のために販売権を「メンソレータム社」へ返上した後、残った「メンソレータム」の製造設備を活用して新たに製造・販売した商品なのだそう。
- - - - -
なので「メンターム」の方が完全に後発という訳ではなさそうなのですが…。ちょっと複雑な経緯ですね。

さらに、面白いのがシンボルマーク。下の写真左が有名な「メンソレータム」のナース姿の少女のマーク。そして右が「メンターム」のマーク(メンタームキッド)。

20111108_03.jpg実はこれをデザインしたのは同一人物なんです。これはもう似てて当たり前といった感じですよね。

輪ゴムの「オーバンド」のパッケージや、「南海ホークス」のシンボルマークなど手がけた、グラフィックデザイナー「今竹七郎」。日本モダンデザインの父といわれている人物です。



≫ ロート製薬株式会社 メンソレータム
≫ 近江兄弟社 メンターム

*** written by タケダ ***

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。