スタッフおススメ「ものコレ!」セレクトミュージック<秋>編

PA090657S.jpg

もの好きコレクション「ものコレ!」のスタッフが季節ごとにおススメの音楽CDを紹介する「ものコレ!セレクトミュージック」。
今回は秋をテーマに選んでみました。

メランコリックな気分に浸るための80年代サウンド。


CD_BS.jpg
BRUCE SPRINGSTEEN / NEBRASKA
「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」の大ヒットで有名なブルース・スプリングスティーン。その大ヒット作の前に作ったアルバム「ネブラスカ」(1982)は、バックバンドを使わず、スプリングスティーン自身が弾き語りしたかなり地味な作品。内省的になる秋にぴったりです。
BRUCE SPRINGSTEEN


CD_AF.jpg
DEPECHE MODE / A BROKEN FRAME
80年代から活動しているシンセPOPバンドの2ndアルバム(1982)。稲刈りジャケットが秋を彷彿とさせますね。POPバンドと書きましたが、音楽はかなり退廃的かつ耽美的なダークサウンドなのでヨーロッパでのウケがいいんですが、意外とアメリカでの人気も高い事に驚かされます。
DEPECHE MODE


CD_CH.jpg
CHARLES HAYWARD / SURVIVE THE GESTURE
80年代のUKニューウェイヴバンド「ディス・ヒート」でドラムを担当していたチャールズ・ヘイワードのソロアルバム(1987)。本人が歌う唄が牧歌的で民謡のような味わいがあります。とはいえ、音楽は前衛的な要素もあり一筋縄ではいきませんが…。
CHARLES HAYWARD


*** written by フヌール ***


秋はフォーキーな心地よいサウンドでゆったり。


CD_NY.jpg
Neil Young / Harvest
秋オススメのCDと聞いて真っ先に思い浮かんだのが、このニール・ヤング、1972年の4thアルバム。全米No.1ヒット曲「Heart of Gold(孤独の旅路)」の収録、ビルボード年間チャート1位の名盤。
シンプルで哀愁漂う曲の数々が渋い。個人的に好きな曲は、アルバムタイトルにもなっている「ハーヴェスト」です。
Neil Young



CD_GH.jpg
Gregory And The Hawk / Moenie And Kitchi

N.Y.の女性シンガー・ソングライター、グレゴリー・アンド・ザ・ホークこと“メレディス・ゴドルー”の2008年デビューアルバム。アコースティックで切ないメロディと、キュートなウィスパーボイスが特徴の一枚。ポップで親しみやすく、絵本のようなかわいいジャケットもマッチしています。
Gregory And The Hawk



CD_JY.jpg
James Yuill / Turning Down Water For Air
ロンドンのシンガー・ソングライター、ジェームズ・ユールの2008年のアルバム(日本版は2009年でジャケットのイラストが異なる)。
アコースティック・ギターのメロディとエレクトロニカを合わせた、フォークトロニカ・サウンド。エレクトロニカとはまた違った、今までにありそうでなかったかもしれない、フォーク風味の独特で良質な曲が心地よいアルバムです。
James Yuill


*** written by 夕ケ ***




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」