スタッフおススメ「ものコレ!セレクトムービー」<スーツ>編

DVD_suit.jpg

もの好きコレクション「ものコレ!」のスタッフがおススメの映画を紹介する「ものコレ!セレクトムービー」。
今月は“勤労感謝の日”ということから、勤労→サラリーマン→スーツ姿!で、「スーツ」をテーマにセレクトしてみました。


DVD_res.jpg

「レザボア・ドッグス」Reservoir Dogs(1992)米
監督:クエンティン・タランティーノ 
出演:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、他

プロの強盗集団の仲間割れの顛末を描いたアメリカ映画。6人の強盗(お互いに素性を知らない)が、黒スーツ、黒ネクタイに黒サングラスという揃いの格好で歩くシーンが有名です。まるで葬式会場にでも向かうかのようです。
冒頭、くだらない下ネタ話で観客を油断させておいてタイトルを挟んでいきなり血なまぐさいシーンが続き観客の度肝を抜きます。
初めて見た時は「血」の描き方にこだわりのある監督だなと思った印象がありましたが、久しぶりに見直してもその印象はかわらず生々しい感じでした。
犯罪を描いているので勤労というには不道徳な内容ではありますが、守秘義務に関する厳しい掟、義理人情大切にする姿、プロとしてのプライドなど、ビジネスシーンでもたびたび遭遇する場面ではないかと思います(こじつけ?)

*** written by フヌール ***




DVD_con.jpg

「コンスタンティン」Constantine(2005)米
監督:フランシス・ローレンス
出演:キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ 他

ヘビースモーカーで末期の肺ガンを患うエクソシスト(悪魔祓い)ジョン・コンスタンティン。人間以外のものを見ることができる能力を持つ彼は、人間界で悪事を働くハーフブリード(半天使や半悪魔)を始末する悪魔祓いを生業とする探偵。
黒のスーツ姿で現代版のカッコイイ悪魔祓いグッズを使って悪魔と戦う、スタイリッシュなオカルト・ファンタジー・アクション。

マトリックスシリーズで有名なキアヌ・リーブスが、皮肉屋でクールな新しいエクソシストを演じています。宗教的なことをあまり知らなくても、天使や悪魔の関係性などについて分かり易く面白く作られているので楽しめます。斬新な地獄の表現や悪魔は、ミュージックビデオ出身の監督ならでは。
主人公が末期の肺ガンだったり、性格も捻くれており自己中心的で、人のためにではなく、少しでも神様に自分の良い所を見せようとするために悪魔祓いをしているという、いわゆる“正義のヒーロー”じゃないところも面白いポイントです。
ちなみに、原作はアメコミの「ヘルブレイザー」という作品ですが、内容は結構別物のようですね。

*** written by 夕ケ ***



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」