乾かさない方が早く治る!? キズパワーパッド〈1〉

kiz01.jpg

以前から、スリ傷や切り傷などができた時には、乾かさずカサブタをつくらない方が、傷の治りが早いといったことが言われています。最近ではそういった、傷を乾かさないように保護する絆創膏もでています。

湿潤療法やモイストヒーリングといわれる治療法で、傷を洗った後は消毒せず、乾かないように保つ治療法のようです。傷ができると出てくる体液(血液じゃない透明のヤツ)には傷を治す成分が含まれているので、皮膚の自然治癒力を高める効果があるのだとか。
写真はジョンソン・エンド・ジョンソンの「BAND-AID キズパワーパッド」。パッドがカサブタ代わりになって、体液を乾かないよう傷口の潤いを保ってくれます。“痛みをやわらげキズを早くきれいに治す”とパッケージのコピーに書かれていますね。実際のところどうなんでしょうか? 次回は使用した感想です。
ところで「バンドエイド」という名称ですが、これはジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売している商品名で、一般名詞では「絆創膏 ばんそうこう」になります。バンドエイドは商品名だったんですね。

キズパワーパッド

*** written by 夕ケ ***




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」