タバコとは違った味わい「ドライシガー(葉巻)-villiger」

ham_02.jpg

日本ではタバコといえば紙巻きタバコが主流ですが、海外ではシガーと呼ばれる葉巻タバコも親しまれています。


「葉巻(シガー)」というと古いギャング映画でギャングの親分が吸っているイメージがいまでに拭えない世代の人間ですが、巷では「シガーバー」なんていうオシャレにシガーを楽しむ人たちもいます。
私自身はタバコもシガーもやらない派ですが、一緒にいた知人がタバコ屋さんでシガーを買ったので、シガーについて調べてみました。

シガーとタバコの違い

ham_03s.jpgまず、シガーというのは日本語で「葉巻」と言われるように、タバコの葉っぱを巻いて作られているものを指します。これに対してタバコは「紙巻」です。
で、葉巻はさらに「プレミアムシガー」と「ドライシガー」の2つに分類されてます。
この2つの違いは「プレミアム」が高級品でフィルターや着香などの手を加えない100%タバコの葉を細かく裁断せずに巻いたもの。
「ドライシガー」は芯の部分に細かく刻んだタバコの葉を詰めて作られており、プレミアムに比べ安価で流通しています。またドライシガーは着香されていたり、吸いやすいパイプが付いていたり、保湿管理にもあまり気を遣わなくてよいため、初心者を中心に気軽に楽しまれているようです。


ドライシガー「villiger」

ham_01s.jpg今回購入したのは「villiger」というスイス産のシガー。写真の赤っぽいパッケージはチェリーフレイバー。黄色のパッケージはバニラフレイバーです。缶に入っているのがおしゃれですね。









お味は?

今回体験した知人はタバコ歴数十年のスモーカー。その感想を聞きました。

ham_04s.jpg・火をつける前からタバコの香りがする
・火をつけてもいい香り
・タバコに比べてニコチンはちょっときつい
・着香のフレイバーはそれほど感じない
・香を楽しむと言う感じ
・プラスチックのミニパイプ付きなので端を切らなくて気軽に楽しめる
・葉っぱがしっかり詰まっているので燃え尽きにくい
・一度消してもまたす吸える


タバコに比べて「香」が強いことが特徴とのことで、タバコ好きな人にはたまらないのでは、ということでした。

見た目の渋さと香のよさが大人の高級なタバコという感じですね。


Villiger


*** written by フヌール ***



この記事へのコメント

裕二 2013/05/19 10:54

Villiger種類がいっぱいあって楽しめますね。
http://www.republic-j.com

おまけに日常的に楽しめるお値段が、素晴らしいです。

ものコレ!スタッフ 2013/05/19 19:34

裕二さまコメントありがとうございます。
今回初めて興味ち知りましたが、いままで高級品としか思っていなかったので、こういった手頃な値段のものがあるのは、愛好家の人にはありがたいですね。

コメントを書く

お名前 [必須]
E-mail
URL
コメント [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

自由形式

人気の記事

最近の記事

記事カテゴリ

サブカテゴリー(タグ)

月別バックナンバー

+ Blogパーツ +

あわせて   フィードメーター - もの好きコレクション「ものコレ!」